改訂版!! 一般診断から時刻歴地震応答解析による精密耐震診断 2までの幅広い精度の高い解析ソフトをご紹介いたします。

限界耐力計算法に基づく耐震設計法ソフトB_LDE

限界耐力計算法に基づく耐震設計法 B_LDE 

1 地震時損傷限界時の検討
地震時損傷限界時において、建物の保有耐力(層水平せん断耐力)が損傷限界時に作用する水平力以上であることを確認します。また、層間変形角が規定値以内であることを確認します。
2 地震時安全限界の検討
地震時安全限界時において、建物の保有耐力(層水平せん断耐力)が安全限界時に作用する水平力以上であることを確認します。また、安全限界時の層間水平変位(層間変形角)を設定することにより、大地震時の建物の損傷の程度を推定することができます。
(性能保証設計)
3 地盤調査データから計算したGsに対応
建設省告示第1457号第7の一に準じたGs(表層地盤による加速度の増幅率)を考慮した耐震設計します。
4 特殊な建物も解析できる
h
(参考)
限界耐力計算法に基づく耐震設計法ソフトB_LDE】は、一貫評定プログラムで作成されたCSVDATAを読み込みB_LDE用剛性データを作成するバージョンを開発しています。

h
h

製品案内
h
h

FrontPage
next製品案内 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional